恋愛専門の電話占い

愛叶(あいか)
固定電話でも携帯電話でも、鑑定中も通話料が完全無料!鑑定受付番号 0120-916-584

愛を叶えた鑑定実例紹介

8.決断が未来を変える

エステ店勤務の古田さんはのんびりした性格で、あまり細かいことにこだわらない部分があります。また極度のめんどくさがりやで、学生時代も宿題は提出日ぎりぎりまで、手を付けないタイプでした。そんな古田さんですが、古田さんの人生を変える上司との出会いが訪れます。それが畑中さんです。
畑中さんは、古田さんの勤務するエステ店の総合担当者として転勤してきました。畑中さんは完璧主義者で、何事もきちっとそして、迅速に行うといった仕事ぶりでした。こうした仕事ぶりが認められ、畑中さんの年齢では異例の栄転でした。古田さんは畑中さんのもと、仕事を行うこととなりました。熱心な畑中さんにひかれていく、古田さん。古田さんは日に日に、畑中さんへの思いを募らせていきました。しかしそんな中、古田さんに信じられない悲劇が襲います。なんと畑中さんは通勤時、バイクに跳ねられ、意識不明の渋滞に陥ってしまったのです。
古田さんはこのことがとてもショックでした・・・。どうしていいかわからない中、畑中さんの分まで仕事をこなさなければならない状況で、古田さんは必死に働きました。働きながら畑中さんがよく話していた「今日やれることは、今日やる」といった言葉が思い浮かんできました。明日やれることは明日でもいいんじゃないか?と考えていた古田さんですが、明日何が起きるかわからないので、今日やれることは今日やるといった大事さを、再確認しました。
ハードな日々を過ごす古田さん。古田さんは畑中さんのことが心配であり、また仕事も多くこなさなければならなかったため、疲労がピークに達してしまいました。誰かに相談したいと考え、偶然インターネットを見ていたときのこと、よく当たると評判の霊視占いの記事に目が留まりました。古田さんは霊視をテレビで見たことがあり、江原啓之や木村藤子など有名な霊能者が芸能人を鑑定するといった番組を思い出しました。過去や未来についてズバリ言い当てられ、芸能人が驚きを隠せない姿でした。このことから、古田さんは霊視鑑定をしてもらおうと決意し、電話占い愛叶へダイヤルしました。

霊能者と挨拶を交わす古田さん。霊能者は「ようこそ、いらっしゃいました。あなたをお待ちしていましたよ。あなたは今日、気になる彼のことで相談に訪れたのですね?」と尋ねました。古田さんは自分の相談内容を話す前に、すでに把握している霊能者に驚きました。古田さんは「霊視って、本当にすごいんですね・・・。まさにその通りです。私は気になる彼がいます。」と答えました。霊能者は彼が会社の上司であること、また事故で入院していることも言い当てました。古田さんは霊視の凄さを体感しました。古田さんは「そうなんです。彼は今、意識不明の重体のままでいつ記憶が戻るかもわからないんです。もちろん、私が彼に好意を抱いていることも知りません。私は、何かできることはありますか?」と尋ねました。霊能者は「あなたの気持ちはよく、わかります。彼の容態は予断できません。あなたが今できることは、彼の仕事をカバーし、精一杯頑張ることです。あなたは自分では気が付いていませんが、彼のもとで働くようになってから、大きくも成長しています。彼の仕事のやり方を見て、あなたは知らず知らずのうちに、今日やれることは今日やるといった迅速さが身についたのです。あなたはのんびりしていて、この点がちょっと欠けていましたが、今回のことであなたは大きな転換期に入っています。」と告げました。
古田さんはこの話を聞き、いつの間にか物事を迅速に片付ける習慣が身についていることに気がつきました。畑中さんのもとで働かなければ、到底身についていないことでした。霊能者は「あなたはこれからも彼の背中を思い出し、精一杯頑張ってください。彼も今、必死で戦っています。彼が無事目を覚ましたとき、安心してリハビリができるよう、あなたが彼の戦力になってください。成長したあなたをみて、彼はあなたに好意を抱くことでしょう。これはあなたが必死で頑張らなければ、実現しません。是非頑張ってください。」と言いました。
この鑑定を受け古田さんは体調を整え、さらに成長できるよう考え、頑張りました。この甲斐あって、仕事も順調にまわすことができるようになった頃のこと、畑中さんが目を覚ましたという連絡が入りました。この連絡に喜ぶスタッフたち。古田さんはお見舞いの許可が出るようになって、すぐに畑中さんのもとを駆けつけました。古田さんは畑中さんの仕事のやり方がとても勉強になっていたこと、また仕事が順調に周っていることから、リハビリに専念し、早く職場復帰してほしいと話ました。この話に畑中さんも安心し、リハビリに励みました。その後、2人の距離は縮まり、交際へと発展しました。

畑中さんの事故がきっかけで、窮地に追い込まれた古田さん。「このままでいけない」と感じ、努力するといったことがきっかけで開運の道が開けるケースも見られます。「今日やれることは今日やる」これはとても大事なことです。面倒なことはつい後回しにしてしまいがちですが、今日やれることを今日やることによって、時間を有効に使えることにもなりますし、開運への道もひらけてきます。恋愛や仕事でお悩みの方。是非お気軽に、霊能者にご相談ください。